AXDL2500DLV4D

めずらしいOPNを持つCPUの写真を送っていただきました。
CrystalCPUIDでは「Mobile Athlon XP-M」と判定されますが、 写真からL3ブリッジがすべてクローズになっているのがわかります。 モバイルの場合、例外なくL3は5Xか6Xですから、 このように11XになっているCPUは、基本的にはデスクトップ用です。

ブリッジとOPNから
1.833MHz(11X)電圧1.5V FSB167 Bartonコアであることがわかります。

L5がモバイルの設定なのは、 Cool'n'Quietによる倍率変更に対応させたモデルということでしょう。 定格倍率で起動し、モバイルCPUと同じ機能を持っている。これに該当するのは、スモールフォームファクタ(SFF Low-Power Desktop) くらいです。この仕様のCPUがバートンで出荷されていたとは知りませんでした。


変なOPNのAthlon / kenskee 2004/07/23