GA-7ZX-H Overclocking

GA-7ZX-Hの改造、7ZXシリーズ共通として図版を変えて再構成した内容となっています。

  • 動作テスト
  • GA-7ZX Series共通 改造箇所
  • ロータリーSWを使用したコントロール回路

この内容はDuronではSpitfire, AthlonではThunderbirdコアを対象にしています。
PalominoコアのAthlon MP, Athlon XP, Athlon 4/Mobile及び
MorganコアのDuron、Mobile Duronもこのままで動作可能と思われますが未確認です。
ただし、これらの新コアのみを動作させる場合。倍率変更の改造において、FID信号の加工を省略できます。
この場合FIDパターンカットは不要、FID-SWもナシとしてK7TPro2-Aと同様に改造します、ただし動作確認はしていません。

GA-7ZX-H - Overclocking -

7ZX-Hは、VIA KT133Aを使用しFSB266(DDR)に対応、VT82C686Bの採用でATA100対応になった以外は、基本的にGA-7ZX-1と同一です。 オーバークロックの改造箇所も同じですが、改めてGA-7ZXシリーズ共通として下にまとめました。(2001年6月)

GIGABYTE GA-7Z-H rev5.1
改造後のZX-Hです、写真の中央下にコントロールSWを取り付けました。

7ZX-H拡大画像の表示 表面 36k | 裏面 28k(別ウインドウ)

改造後の動作確認 - GA-7ZX-H rev5.1-

Duron650を使っての動作確認では、500から1Gまで特に問題なく動きましたので、
さっそくFSB266(DDR)のテストに、7倍、7.5倍で、すんなり起動しました。
8倍の1066MHzも起動!(V_coreを1.85v)。Athlonには遠く及ばないものの、
DuronでのFSB266もいいかもしれません。。
Vcore1.4v〜1.85v(650Mhz)での動作テストでは問題ありません。しかし

1.35v以下は起動中フリーズ、または不安定になるようです。
以前テストした、7ZX-1でも1.30vでは起動できない現象がありましたが
そのあとの7ZXRでは1.20Vでも動作可能でした。これらの原因はよくわかりません。

2001/6/18 校正中

GIGABYTE GA-7ZX-H

マザーにはGA-7ZX rev5.1
assem:-Hと書かれています。

動作クロック及びコア電圧の設定が、このバージョンでも自動なので以前と同様の改造を施しました。

コントロールスイッチ

V_coreに関係のある電源回りのコンデンサの省略が目立ちます。
電解コンデンサが2個、セラミックコンデンサが多数削減されています。

たとえばソケットの内側のコンデンサもこの通り。

ZX-1、ZX-Rではこのようにびっしりと実装されていました。



GA-7ZXシリーズに共通する改造ポイントを改めてまとめました。

GA-7ZX Series共通 改造箇所 - 詳細 -

BP_FID pinからコントロールSWに4本配線します。また,V_coreもここから引き出します。
FIDとVIDのパターンカットは改造の最後にします。
ZXH BP_FID


FID - 配線位置 詳細 -

ZXH
コントロールSWのFID-SW配線は、電源とIDEコネクタの間にある、Q35〜Q38に接続します。


VID - 配線位置 詳細 -

ZXH
コントロールSWのVID-SW配線は、プリンタポートとCPUの間、U19の空きパターンに接続します。


VIDの改造をするとき、通常マザー裏のパターンカットが必要です。
この画像では、黄色でかこんであるRN118とR451をはずすことでCPUのVIDを切り離しています、この場合は、VIDパターンの カットは必要ありません。
試したところ、メッキ線などで8本の足を同時に過熱しないととれませんので、少し難しいかもしれません、 素直にパターンをカットしたほうが簡単でした。



かならずお読み下さい

この改造箇所は私の入手したマザーを調べたものです。
したがってGA-7ZXシリーズのすべてに適用できるとはかぎりません。
この内容を検証できる方のみ、お試し下さい。

GA-7ZXシリーズで同じ箇所でOCの改造ができると思われるのは
GA-7ZX  可能
GA-7ZX-1 改造済
GA-7ZXR rev1.x 改造済
GA-7ZX-H( rev5.1) 改造済

これは倍変可能なので、改造の必要はありません。
GA-7ZXR rev2.x  改造不可

マイクロATXの7ZMシリーズでも、同じ箇所で改造が可能なはずで
GA-7ZM  可能なはず
GA-7ZMM  可能なはず

これはパターンが少々変わっているようなので
GA-7ZM-H 不明

改造手順

コントロールSWの作成

VID配線

FID配線

BP_FID配線

V_core,GND配線

この段階で回路の確認をし、不安があるようなら中止してすべてはずす。

パターンカット、FID、VID

再度確認し、出来上がり。


ロータリーSWを使用したコントロール回路

ロータリーSWを使用し製作した基板の裏から見た配線図。

VID[0]は0.025V単位の設定ですが、あまり使いませんのでジャンパを付けるか、省略してGNDに落としておく程度でもかまいません。 また設定を間違えたとき電源ショートを防ぐためにVcc_CORE側に電流制限抵抗を加えてあります。

ZXH


FID , BP_FID , VID - ロータリーSWの設定表 -

起動倍率は、DIP-SWで設定範囲を決めてから、例えば10.5倍動作なら、007と設定します。
コア電圧は、DIP-SWで設定範囲を決めてから、例えば1.7vにするなら 4に設定します。

p7

ただしこの表以外の数字の組み合わせは起動しませんので注意してください。




Thanks
このマザーの試用及び改造に際し、協力をしていただいたIKEさんに感謝致します。

設定スイッチ

ロータリーSW は0〜9迄設定できるものですが、 このうちの下位3bit(0〜7)を使います。

3bitのため、不足するIDの設定用に、DIPスイッチを割り当てました。

DIPスイッチは、この配線図では6bitの物を使用していますが、
実際の製作には、手持ち部品の都合で、4bitと2bitの ふたつのDIPを使いました。

ここで使用したロータリースイッチよりも、DIPスイッチによるコントロール回路のほうが配線がすっきりし、製作が容易にできます。

起動倍率設定

4pDIP-SWの1〜3番を下記の組み合わせにして動作倍率の範囲を指定します。

7x〜10.5xの設定は
4p-DIP [1]=off [2]=off [3]=on

5x〜6.5及び11x〜12.5x設定は
4p-DIP [1]=on [2]=on [3]=off

DIP-SWの4番は未使用です。

つぎに
FIDとBP_FIDa、BP_FIDbのSW、合計3個を左の表の通りに設定します。

コア電圧設定

2pDIP-SWを下記の組み合わせにしてコア電圧の範囲を指定します。

コア電圧1.5〜1.85Vの設定
2p-DIP [1:VID4]=on

コア電圧1.1〜1.45Vの設定
2p-DIP [1:VID4]=off

コア電圧を0.025下げるとき
2p-DIP [2:VID0]=off

つぎに
VID-SWを左の表の通りに設定します。




2001/06/15 作成