PK-OCK7/EV6 最新コアへの対応

パロミノ以降のコア専用改造、倍率設定及びV_CORE設定スイッチを外付にする。

この内容は Athlon [Paromino]、Duron [Morgan]及び、Barton, Thorton, Thoroughbred, Applebred に適用できます。

サンダーバードと同じ改造方法でもかまいません、しかしせっかくコア側でFID信号を自動セットしてくれるのですから、それを活かせるように改造をしてみました。回路や配線が減りすっきりしますが、作業は少々難しくなります。

PK-OCK7/EV6 倍率設定スイッチ外付改造2、(パロミノ以降のコア専用)

ただし、この改造をするくらいなら、マザーを直接改造したほうが楽ですから、こんなことやるのは私くらいか....。

このPK-OCK7/EV6は、PK-K74900/EV7(Mobile athlon4+下駄)に付属のものです、パロミノ用に何か変更でもされているかと念のため調べましたが、やはり期待を裏切らず単品で販売されているものと何も変わっていません。

ゲタの中のDIP-SWパターンから配線を引き出し、palominoコア専用の、この回路を外付します。
Thoroughbredコア以降のCPUを使う場合は安全のためGND側に1Kオームのプルダウン抵抗を使用したほうがよいでしょう。

この図はパロミノ・コアを前提に書いていますが、、サラブレッドやバートンで使った場合でも動作可能です。しかし安全上の意味からサラブレッド以降のコアだけを使う場合にはGND側は直接ではなく、1kオームの抵抗を入れることをお勧めします。

FIDスルー改造

この下駄ではCPUのFID信号を無視して、スイッチで設定するようになっていますが、今回はCPUのFID信号をそのままマザーに渡すように改造します(信号をスルーにするということ)。この改造の成否は、この部分の改造ができるかどうかにかかっています。


この写真で左の白丸で囲まれた4本のピンがFIDピンで、もとのピンは上の基板だけに半田付してありました、このピンを過熱して引き抜き、このように他のピンと同じように一番下の基板までつながるように、新たなピンを差しハンダ付します、これに使用するピンは、ここでは抵抗の足で代用しています。この加工でFID信号はCPUからマザーに直結となりますからFID信号の設定は不要になります。


この加工により、ソフトウエアから起動後に倍率を変えようとする場合でもFIDが連動しますから、問題が起きないはずです。 13X以上の倍率の場合も AJ27ピンの電圧操作などを併用すればこの回路で動作するはずです。

配 線


ソケット内からBP_FIDVIDの配線及び、V_CORE,GNDを引き出します、写真では配線が細いため各2本ずつ使っています、また使わないSW1を除去していますが、OFFにしておけば、そのままでも問題ありません。SW2の8回路-DIPはめんどうなのではずしていませんが、これも使用しません、OFFにしておきます。

配線がうまくいったら、VIDのパターンをカットしておきます。(配線箇所とパターンカット場所は前回の改造と同じ)

ソケットのピンのすきまから慎重に配線を外に取り出します、この部分の被覆が剥けるとショート事故を起こしますから、配線が動かないように、シリコーン系ボンドなどで固定しておきます、

倍率設定用スイッチは今回2回路センターオフの切り替えスイッチを使っています、DIP-SW2個と回路上は同じですが、手に入ればこのほうが設定は楽です。コア電圧設定スイッチは6回路のものですが、手持ちがなかったので2つに分けています。
半田付けをした配線が動くとが折れやすくなりますから、結束して、こちらもボンドなどで止めておくことをお勧めします。