IEEE-1394からATAに変換するブリッジチップ

IEEE1394(Firewire)接続のHDやDVDでは、通常ATA/ATAPIへの変換基板が使われています。この変換基板によっても転送速度に影響が出ることがあります、 そこで手持ちの製品の転送速度を調べてみました。

IEEE1394a(Firewire400)からATA/ATAPIへの変換

変換基板に使われているチップを通常IEEE1394-ATA/ATAPIブリッジ(Firewireブリッジ)と言います。市販のIEEE-1394外付けHDやDVD、自作用の外付ケースともに、この1394ブリッジ・コントローラの種類によっては、データ転送速度に差が出ることがあります。しかしチップ品番が仕様に書かれていない場合も多いため、購入前に知るには検索などで調べるほかありません。

例外的に、Oxford(Oxford Semiconductor)社のチップを使っている製品では、セールスポイントとして『Oxford 911を採用』などと書かれていることもあります。しかし、比較的安価な製品ではUSB2.0も同時にサポートしているProlific PL-3507の採用が多いようです。

各社のコントローラの性能は、接続するATA/ATAPIユニット、さらにファームウエアの違いによっても変わるようですから 簡単には比較することはできませんが、ここでは同一HDを接続した時の転送速度だけを測ってみました。

テストに使ったPCIホストカードは、標準的なホスト・コントローラであるTI(テキサス・インスツルメンツ)製チップ(TSB12LV26、TSB41AB3)を搭載したカードを使い、PCはEpox 8RDA+ Athlon XP-M 1.9GHzで行いました。
Kouwell 582V2


Oxford FW911PLUS

Lacie F.A. Porscheに使われていたのはOxford SemiconductorのFW911plusでした。これは同社のOXFW911の改良版でBig Driveに正式対応しています。右側の小さいチップは1394PHYでagere FW802Cです。IEEE1394b(Firewire800)ではさらに上位チップが存在しますが、IEEE1394a(Firewire400)では現在このチップがリファレンス的な存在のはずです、速度的にも35MB/secと申し分ありません。


Oxford OXFW911

玄人志向のIEEE1394-DATにはOxfordのOXFW911が使われていました。このOXFW911はリリース時期が古いため、このページでは唯一Big Driveに対応していませんが(特定の条件ではBig Driveを扱えるようです)、たぶんこのチップが最も有名です。転送速度はFW911plusより少々遅い結果ですが十分に高速です。1394PHYはagere FW802B。Oxfordには、さらにこれより古いチップのOXFW900がありますが、転送速度はずっと遅くなります。


Prolific PL-3507

Prolific PL-3507は、市販されている外付けHDケースやDVDに広く使われており、USB2.0-ATA/ATAPI変換機能も備えています。パイオニアの外付DVDのDVR-S706-JやDVR-S806-Jもこのチップが搭載されていました。1394PHYは写真右側の小さいチップで、これにもagere FW802が載っていました。速度的にも早く比較的安価ですが....人気があるわけではないのは、なぜ。


Genesys Logic GL711FW

ドスパラで買ったManhattan-IEEE1394外付3.5インチHDケース(3980円)に使われていたのは、Genesys LogicのGL711FWで、機能はIEEE1394変換のみです。このチップはあまり見かけません。速度は遅いのですが、それ程転送速度が要求されない使い方であれば特に問題ありませんでした。1394PHYはこれも他と同じくagere FW802B。


EPSON, initio, Workbit,TI

この他にも各社から出ています。もし(ジャンク品などで)入手できたら同一条件で比較してみます。

IEEE1394(Firewire)-ATA/ATAPIブリッジ
チップ・ベンダーIEEE1394 controllers備考
link-layerPhysical-layer
EPSON S1R72902 F00B
S1R72902 B00B (BGAパッケージ)
UATA/100,AV/C Protocol
S1R72901 F00BUATA/100
S1R72805 F00AS1R72900 F00AUATA/100,USB1.1内蔵
S1R72803 F00AS1R72900 F00AUATA/66
S1R72801 F00AS1R72900 F00AUATA/33
SPC7282 F0A1
E0C33208F
--
initio INIC-1530L-UATA/100,USB2.0内蔵
INIC-1430LUATA/100
INIC-1420LUATA/66
Workbit "優" ERI2-UATA/66,USB2.0内蔵
ERI D89025-001 (Fire USB-1)UATA/33,USB1.1内蔵
Texas Instruments TSB42AA9A--
TSB42AA9UATA/66

EPSONのチップでS1R***** F00Bの時、Fの部分はパッケージ形状を示すため製品には記入が省略されているようです。

Oxford

[Oxford] FireWire to ATA/ATAPIコントローラ
Oxford 912OXFW912FireWire800 → ATA7/ATAPIRAID0
Oxford 911+OXFW911plusFW400 → ATA7/ATAPI-
Oxford 911OXFW911FW400 → IDE(Big Drive非対応)旧製品
Oxford 900FW900FW400 → IDE(Big Drive非対応)低速・旧製品
Oxford 922OXFW922FW400/800/USB2.0 → ATA7/ATAPIfirmware1.02に問題有、製造中止?

reference
Oxford Semiconductor : OXFW911plus
Prolific : PL-3507
Genesys Logic : GL711
F.O.M.A.T.place:ATAPI-IEEE1394a変換、ATAPI-USB2.0変換などの記事があります。
YAN's 1394 SITE:特にIEEE1394(FireWire/i.link) Reviewが素晴らしい
  • 更新履歴
  • 2005/11/24:公開