AthlonXP1800+のL1クローズ

  Athlon XP 1800+のL1クローズ WRC 2002/06/29 00:09:56 
  倍率が特定の倍率にしか変えられないという... ita 2002/06/30 01:19:03 
  │└それがですね〜、先月友人と一緒にAthlonXP... WRC 2002/07/01 10:34:14 
  │ ├追伸です。 WRC 2002/07/01 10:43:36 
  │ │└文面から判断するかぎり、 ita 2002/07/02 01:58:03 
  │ ├確認ですが ita 2002/07/02 02:15:00 
  │ │└そうです。L1のブリッジの隙間を針やカッタ... WRC 2002/07/03 08:35:59 
  │ └さらにL1ショートの意味の確認 ita 2002/07/05 01:44:08 
  │  └ん、私の解釈がまちがっていれば幸いですが... WRC 2002/07/09 19:10:05 
  私も夕べやりましたがちょっとオカシイ動作... ガイア石 2002/07/14 13:54:39 
   └ほぼ同じ状況のようにみえる。 ita 2002/07/15 16:24:07 
    └単なるクローズ失敗でした。 ガイア石 2002/07/21 17:38:05 
     └結構テスターで計るのは面倒ですから ita 2002/07/22 00:17:35 

  Athlon XP 1800+のL1クローズ WRC 2002/06/29 00:09:56  ツリー表示
Athlon XP 1800+のL1クローズ この記事に返信
WRC 2002/06/29 00:09:56

 皆さんどうも初めまして。私は今、Athlon XP 1800+のL1クローズ
でちょっと悩んでいます。

 簡単に言うと、L1クローズしているのに、倍率が11〜12.5倍にしか
変わらないのです。

 某所のオーバークロック耐性表では、Athlon XP 1800+で8.5倍まで
落として動作させていた例もありました。

 これはL1クローズの失敗でしょうか?それとも今の1800+では11倍
以下に設定出来ないのでしょうか?

 ご存知の方、どうかご教授下さい。

P.S. M/Bは、EPoX EP-8KTA3+PROで、倍率、クロック等を変更出来
ます。
  倍率が特定の倍率にしか変えられないという... ita 2002/06/30 01:19:03  ツリー表示
Re: Athlon XP 1800+のL1クローズ この記事に返信
ita 2002/06/30 01:19:03
倍率が特定の倍率にしか変えられないというトラブルでは
ほとんどの場合、L1の接続に問題がないかを考えます。

セラミックパーッケージのCPUでは、L1がちゃんと接続されていないという原因が多く
再度やりなおすことで解決できる場合がほとんどでした。

Athlon XP1800+のようにオーガニックパッケージのCPUでは、
L1クローズに使った熱線補修材などで溝を直接埋めたことにより、内部パターンと
L1ブリッジがショートした状態になる。ということが問題となっているようです。

倍率が11〜12.5倍に変えられることから、L1の数字の方から数えて1〜3のどれか叉はすべてが
この状態になっているのかもしれません。
内部パターンとL1ブリッジのショートはマザーボードのオーバークロック回路に負担をかけ、
オーバークロック回路の損傷にもつながりますので注意が必要です。
溝の中を掃除し、ボンドなどで埋めてから再度クローズすると良いようです。

>すみません、間違って新しいスレッドを立ててしまいました。
スレッドは適当に立てていただいて、かまいません、
また、スレッドの移動はできませんので、移動依頼のレスは削除しておきました。

**雑談スレッドは、ホントの雑談用です。
  │└それがですね〜、先月友人と一緒にAthlonXP... WRC 2002/07/01 10:34:14  ツリー表示
Re: 倍率が特定の倍率にしか変えられないという... この記事に返信
WRC 2002/07/01 10:34:14
それがですね〜、先月友人と一緒にAthlon XP 1800+を買ったんです。
その友人のCPUもL1クローズ処理をしてあげたんですが、やっぱり
11倍〜12.5倍までしか変わらないんです・・・。恐らく2つのCPUの
ロットは一緒だと思う(ロットNo.を控えるのを忘れてました)の
ですが、合計10回以上はL1クローズをやりなおしたんです。ルーペで
ブリッジを確認し、縫い針やカッターでL1の隙間を完璧にカットした
つもりなのですが、それでも11倍以下には設定出来ませんでした。
でも11倍以下に設定して、FSBを上げるにしても、キOガイ(失礼)
じみたFSBに設定する勇気が無いんですね・・・。

それで結論は「今のXP 1800+は11倍以下には下がらない。」という事
で、友人と共に納得してしまったんですが・・・。もしかして、L1の
ショートではなく、クローズ処理が失敗していて、オープン状態のまま
の端子があるのでしょうか?

 ちなみに私の1800+のロットNo.は、

AX1800MT3C
AGOGA0202XPHW
Y75609403

です。恐らくAGOGA0202というのは、02年第2週という意味だと思う
のですが、マスクパターンというか、結線が変更になって11倍以下
にならないのではないかという疑問が湧いて来ています。

 どうしたものでしょうかね・・・?
  │ ├追伸です。 WRC 2002/07/01 10:43:36  ツリー表示
Re: それがですね〜、先月友人と一緒にAthlonXP... この記事に返信
WRC 2002/07/01 10:43:36
追伸です。

私のL1クローズ方法は、マスキングテープと瞬間接着剤を用いて、溝を
埋め、マスキングしてコンダクティブペンを使ってL1クローズを施して
います。1つL1クローズが終わった所で、ルーペを用いてショートを確認し、丁寧にクローズ処理をしているつもりです。

そして失敗したと思えたら、有機溶剤でコンダクティブペンの結線を
消してやりなおしました。ルーペで見る限り、ショートしている様子は
ありません。やはりオープン状態になっている所があるのでしょうか?

  │ │└文面から判断するかぎり、 ita 2002/07/02 01:58:03  ツリー表示
Re: 追伸です。 この記事に返信
ita 2002/07/02 01:58:03
文面から判断するかぎり、
丁寧に作業をされているようですから、L1クローズの方法に、問題はなさそうです。

>ショートではなく、クローズ処理が失敗していて、オープン状態のまま
>の端子があるのでしょうか?

可能性としてはあります。
L1の数字の方から数えて3と4番目のブリッジのクローズが不完全でも
11〜12.5倍にだけ倍率が変えられるという状態には、なるはずです。
しかし2個のCPUとも同じ症状というのが気になります。
2個のCPUとも、たまたま同じブリッジのみ失敗したと考えるのは、確かに不自然??。

>それで結論は「今のXP 1800+は11倍以下には下がらない。」という事
>で、友人と共に納得してしまったんですが・・・。
もしそうだとすると、いろんな掲示板で話題になるはず、最初のケースが今回と
考えられないこともないですが、他の可能性のほうが高いでしょうね。

マザーボード側で何か不都合があるという可能性もありませんか。
これを確かめるため、他社のマザーで試してみることはできないものでしょうか?。

ところで先に私の書いた文で間違いがありました、訂正します。
(誤)
>倍率が11〜12.5倍に変えられることから、L1の数字の方から数えて1〜3のどれか叉はすべてが
>この状態になっているのかもしれません。

(正)
倍率が11〜12.5倍に変えられることから、L1の数字の方から数えて3と4番目のブリッジの
接続に問題があるかもしれない。
  │ ├確認ですが ita 2002/07/02 02:15:00  ツリー表示
Re: それがですね〜、先月友人と一緒にAthlonXP... この記事に返信
ita 2002/07/02 02:15:00
確認ですが

>ルーペでブリッジを確認し、縫い針やカッターでL1の隙間を完璧にカットした
>つもりなのですが、それでも11倍以下には設定出来ませんでした

この意味は、となりのブリッジどうしのショートを防ぐため、念のため針やカッターで
ブリッジどうしの隙間を削ったということですか?

それとも、何度かやり直したので、あらかじめカットされているブリッジの
溝の中を縫い針やカッターでさらったということですか?
  │ │└そうです。L1のブリッジの隙間を針やカッタ... WRC 2002/07/03 08:35:59  ツリー表示
Re: 確認ですが この記事に返信
WRC 2002/07/03 08:35:59

 そうです。L1のブリッジの隙間を針やカッターナイフで切ったという
事です。

 そうすると、やはりL1クローズの失敗・・・?

 気に入らないので、面倒ですがもう一度L1クローズ処理を施してみます。
  │ └さらにL1ショートの意味の確認 ita 2002/07/05 01:44:08  ツリー表示
Re: それがですね〜、先月友人と一緒にAthlonXP... この記事に返信
ita 2002/07/05 01:44:08
さらにL1ショートの意味の確認
L1ブリッジはもともと細い配線で接続されていて、製造の最終段階で
L1ブリッジの途中を、たぶんレーザーか何かで小さな溝を作ることで
配線を切断しているものと思われています。この加工の時あまり深い溝に
なってしまうのを防ぐためか、この溝の奥にGNDのベタパターンが入って
いるようだと聞いています。

そのため、この溝をボンドなどで埋めてGNDのベタパターンとL1ブリッジを
クローズするための熱線補修材が触れないようにする工夫が必要です。
溝をそのままにして熱線補修材を塗ると、GNDとL1をクローズさせるために
塗った熱線補修材がつながってしまいます。
このところ、みなさんが「L1のショートに注意!」、と言っているのは、
おもに、このことだと思います。

もちろん5つあるL1ブリッジどおしのショートも具合が悪いのですが
これは、ルーペなどで確認することができますから問題ありません。

>縫い針やカッターでL1の隙間を完璧にカットしたつもりなのですが

ん、私の解釈がまちがっていれば幸いですが、
もしかして5つあるL1ブリッジどおしの隙間を深く切ったということなのでしょうか。
内部配線がどうなっているかまでは、わかりませんが、この場合内部配線を切断して
しまう可能性が、あるかもしれません。
「L1のショートに注意」の意味を、もしかして勘違いをされていませんか。
  │  └ん、私の解釈がまちがっていれば幸いですが... WRC 2002/07/09 19:10:05  ツリー表示
Re: さらにL1ショートの意味の確認 この記事に返信
WRC 2002/07/09 19:10:05
>ん、私の解釈がまちがっていれば幸いですが、
>もしかして5つあるL1ブリッジどおしの隙間を深く切ったということな>のでしょうか。

 そういう事です。

>内部配線がどうなっているかまでは、わかりませんが、この場合内部>配線を切断してしまう可能性が、あるかもしれません。
>「L1のショートに注意」の意味を、もしかして勘違いをされていませんか。

そこまで深く切っておりません。コンダクティブペンのインク(?)を切る程度です。

 まだL1クローズはやり直してませんが、その辺に気をつけてみます。
  私も夕べやりましたがちょっとオカシイ動作... ガイア石 2002/07/14 13:54:39  ツリー表示
Re: Athlon XP 1800+のL1クローズ この記事に返信
ガイア石 2002/07/14 13:54:39
私も夕べやりましたがちょっとオカシイ動作してます。(でも単なる失敗かも。)

初めまして。
itaさん、いつもHP拝見させていただいております。
たくさんの情報ありがとうございます。
また、WRCさん、こん**は〜。気になったもので書き込みさせていただきます。

私も夕べ、AthlonXP1800+のL1クローズに挑戦いたしました。

板:ABIT AT7 bios 8v(最新)
CPU:AX1800DMT3C AGOGA 0202XPFW Y7S74340094 MALAYSIA
クーラー:αPAL8045TF+KANIEファンコン

WRCさんのようには、クローズ自体には全然自信はありませんが下記の状況です。
クローズ方法は、ゼリータイプ瞬間接着剤で穴埋め。マスキングしてコンダクティブペンです。

板からの倍率設定は、11〜13overまでのみ設定可能になり立ち上がります。
(クローズ前は、11.5以外の倍率ではポストしませんでした。)
が立ち上がってから、WCPUIDで確認してみるとどの倍率でも11倍で動作しております。

WRCさんの状況とはちょっと違うようですが、WRCさんのところでは倍率変更が
有効に動作しておりますでしょうか。12.5にすると12.5で動作してますか。
お教え下さると助かります。

AGOGAコアからなんらかの回路変更があったとかは考えられませんかね。
ちなみに耐性は全く変わらず最悪で11倍でもFSB141がやっとです。

最後にもう一度書きますが、私の場合、単なるクローズ作業の失敗かも知れませんです。
   └ほぼ同じ状況のようにみえる。 ita 2002/07/15 16:24:07  ツリー表示
Re: 私も夕べやりましたがちょっとオカシイ動作... この記事に返信
ita 2002/07/15 16:24:07
ほぼ同じ状況のようにみえる。

はじめましてガイア石さん
同じ製造週のXP1800+で10.5倍以下で起動しないという状況は、そっくり。

>AGOGAコアからなんらかの回路変更があったとかは考えられませんかね。

AMDが倍率をロックしようと思えばどの段階でもできたはずで、
確かにこう考えたくなる気持もわかります、どうなんでしょう??。
それとも、L1クローズがしにくくなっているのか??
実際のところは私にもわかりません.....。
    └単なるクローズ失敗でした。 ガイア石 2002/07/21 17:38:05  ツリー表示
Re: ほぼ同じ状況のようにみえる。 この記事に返信
ガイア石 2002/07/21 17:38:05
単なるクローズ失敗でした。

itaさん、皆さん、お騒がせして申し訳ありませんでした。m(_ _)m
あんまり頭にきたんで、ある筋からテスターを調達してチェックいたしました。
その結果、、、まず一番目の穴埋めがうまくいっていないらしくGNDしていまして、
一番目と5番目が導通しておりました。
また、目視では繋がっているハズの三番目・四番目が導通しておらず、
まったくのクローズ失敗でした。
全部、シンナーで剥がし瞬間接着剤で穴埋めをやり直して、丁寧に塗りなおし
しましたが、どうしても一番がGNDになるらしく五番と導通してしまいますし、穴埋めを高く盛ったため他もうまくクローズ出来ません。

今回は諦めて、XP1800+のまま生き長らえさせることとします。
お騒がせして申し訳ございませんでした。
     └結構テスターで計るのは面倒ですから ita 2002/07/22 00:17:35  ツリー表示
Re: 単なるクローズ失敗でした。 この記事に返信
ita 2002/07/22 00:17:35
結構テスターで計るのは面倒ですから
私もめったにやりませんが、ただピンをまちがえたり、他のピンにテスターリードが触れたり
すると危険ですから、慎重な作業が必要ですね。そんなわけで、私から、テスターで調べてみれば
とは通常書きませんが、L1のチェックにはこの方法が一番はっきりします。

セラミックパッケージの時は割と簡単だったL1クローズも
Atlon XPになってから随分と難易度が上がってしまったようです。
今回は残念でした、次回にまたチャレンジしてみてください。


[ インデックスへ | Home ]
新規発言を反映させるにはブラウザの更新ボタンを押してください。