mobileDuron1.1GHzで

  mobile Duron1.1GHzで okurin 2002/08/03 08:56:04 
  モバイル版CPUの場合、起動倍率は5Xのはずで... ita 2002/08/04 01:16:57 
   └返答ありがとうございます。CPUは、低電圧型... okurin 2002/08/04 09:55:51 
    └低電圧型のDuron1.1GHzでしたか ita 2002/08/07 01:06:15 

  mobile Duron1.1GHzで okurin 2002/08/03 08:56:04  ツリー表示
mobile Duron1.1GHzで この記事に返信
okurin 2002/08/03 08:56:04
先日1年ぶりに環境をパワーアップしました。
CPU:mobile Duron1.1GHz
MB:GiGABYTE GA7VRX
MEM:256MB PC2100 CL2
VGA:RADEON8500 128MB
HDD:BALACUDA ATAIV
OS:Windows98SE

マザーボードに倍率変更機能があり、
CPUのL1がクローズ済みだったので、
倍率変更をおこなってみました。

BIOS上では倍率変更ができているのですが、
Windowsが起動すると常に100MHzX11=1100MHz
となり、何倍に設定しても同様の結果です。

また、FSB133に変更しようとすると、倍率にかかわらず
BIOSが立ち上がりません。
消費電力が少なく発熱が低いので、とてもよいCPUだと
思うので、FSB133MHzで動作できれば言うことはないと
考えています。

やはりL1クローズだけではだめなのでしょうか?
ご指導よろしくお願いします。
  モバイル版CPUの場合、起動倍率は5Xのはずで... ita 2002/08/04 01:16:57  ツリー表示
Re: mobile Duron1.1GHzで この記事に返信
ita 2002/08/04 01:16:57
モバイル版CPUの場合、起動倍率は5Xのはずですから
11X動作の時点で、すでに倍率変更がされていることになります。

もしかすると、mobile版のCPUを使った場合、ECSのマザーのように
BIOSがL6から倍率を求め11Xとして起動しているのかもしれません。
これは、L5ブリッジを加工して、Desktop版のMPなどと同じにしたときに、
倍率変更が可能になるかどうで確かめられると思います。

L5ブリッジを加工してデスクトップ版と認識させると、解決するかもしれません。

ただし、個々のマザーについて状況を把握しているわけではありませんので、
推定で書いていますから、見当違いということもあります、そのときはお許しください。
   └返答ありがとうございます。CPUは、低電圧型... okurin 2002/08/04 09:55:51  ツリー表示
Re: モバイル版CPUの場合、起動倍率は5Xのはずで... この記事に返信
okurin 2002/08/04 09:55:51
返答ありがとうございます。CPUは、低電圧型のDuron1.1GHzとして売られていましたが、実際MBやOS上ではmobile Duron1.1GHzとして認識されているみたいです。
一度L5ブリッジを確認して倍率変更も試してみようと思います。
    └低電圧型のDuron1.1GHzでしたか ita 2002/08/07 01:06:15  ツリー表示
Re: 返答ありがとうございます。CPUは、低電圧型... この記事に返信
ita 2002/08/07 01:06:15
低電圧型のDuron1.1GHzでしたか
このCPUは、データシートに載っていないので詳しいことはわかりませんが。
DHL1100AHT1Bの写真のブリッジから見る限り、BIOSからはモバイル版と認識されるはず。
起動倍率は11X、コア電圧は1.55Vのようですから、確かに低電圧デスクトップ版なんでしょう。

ということは、マザーが倍率変更をしているわけではないですね。
すると、どうして倍率が変えられないのかよくわかりませんが、BIOSが原因とすれば
とりあえず、L5を C::Cにしてデスクトップ版と認識できるようにして、どうなるか?。
これは、試してみてもいいと思います。


[ インデックスへ | Home ]
新規発言を反映させるにはブラウザの更新ボタンを押してください。