Note [展開表示]

CPUの選択について

  CPUの選択について ようた 2005/02/03 04:13:26 
  上記よりの続きです。 ようた 2005/02/03 04:28:17 
  │└基本的に自分は動作保証は無視する人間です... N.Ishikawa 2005/02/05 01:32:19 
  最終的にはあなたの覚悟次第です。 ジャンク屋店主 2005/02/03 22:30:28  (修正1回)
  仮にSempron3000+が動作したとしても ita 2005/02/04 17:00:20  (修正1回)
  最近キューブ型ベアボーンを導入しました。 kawa136 2005/02/06 23:19:06  (修正1回)
  │└kawa136様 ようた 2005/02/07 12:34:22 
  皆様、大変ご丁寧なお返事をいただきありが... ようた 2005/02/07 01:21:55 
  上記よりの続きです。 ようた 2005/02/07 01:23:38  (修正1回)
  │└質問その他の回答まとめて… ジャンク屋店主 2005/02/09 11:33:28 
  │ └ジャンク屋店主様 ようた 2005/03/05 15:49:58 
  │  └何故電力は、電圧の2乗に比例して増えるの... ジャンク屋店主 2005/03/05 21:04:52 
  皆様お世話になっております。先日ようやく... ようた 2005/03/05 15:43:27 
  上記よりの続きです。 ようた 2005/03/05 15:45:21 

  CPUの選択について ようた 2005/02/03 04:13:26  
CPUの選択について Resを書く ノートメニュー
ようた <srvhfkguhz> 2005/02/03 04:13:26

はじめまして、よく当サイトを拝見しており大変勉強させていただいております。いつもありがとうございます。

ただいまCPUの改装で悩んでおり大変恐れ入りますが新たにスレッドを建てて質問させていただきます。どうかよろしくお願いいたします。

まず現在の自分のPCの環境を以下に記します。

筐体:MSI MEGA180(キューブ型ベアボーンです)
CPU:AthlonMP1900+palomino(シングルで使っているので認識上はXP)
Memory:無名DDR333 512MB×2
MB:MS-6796
Chip Set:nVIDIA nFORCE2 Crush 18G + MCP2T
Bios Version:3.5(最新のものです)
光学ドライブ:MATSHITA DVD-RAM SW-9581(松下寿のパナへのOEMのもので5000円でした・・・)
HDD:HDS722516VLAT20(HITACHI IDE 160GB)
TVキャプチャーカード:ピクセラ PIX-CTV200PW
OS:WindouwsXP MCE 2005
グラフィックカード:なし、オンボードを使用
電源:250W(MEGA180の箱のシールをはがすと200Wと書かれています・・・)

メーカーのCPUの正式対応はAthlonXPはFSB333の3000+までSempronは2800+までとなっております。

・CPUを改装したい理由について
現在の環境でCPUの温度がアイドルで50℃ぐらいで負荷をかけると70℃を超えてしまい72〜73℃ぐらいになるとCPUファンが高速で回りだし非常にうるさくなります。CPUファンが高速で回りだせばCPUの温度は60℃台に下がりPCがシャットダウンするようなことはありません。現状ではテレビを録画した動画を早送りや巻き戻しをしたり長時間再生しているとCPUファンが高速で回りだしてしまいます。このPCは昨年の12月に組んだのですがこのままではいろいろなところに負担がかかったり夏を越えられないのではないかと心配です。また将来的には動画の編集等もやろうと思っておりそれには少し(だいぶ?)クロックが低いように思います。またできればグラフィックカードを導入したいと思っており電源が250W(実質200W?)なこともありCPUに省電力性も求めたいです。

そこでCPUを改装しようと思っているのですが希望する要件の優先順位は現状と比べて高クロック、省電力、低発熱です(欲張りですいません)。

ちなみにCPUの温度測定はチップセットドライバが入っていたCD-ROMに一緒に入っていたPCAlert4というソフトによります。

以下に続きます。

  上記よりの続きです。 ようた 2005/02/03 04:28:17  
Re: CPUの選択について Resを書く ノートメニュー
ようた <srvhfkguhz> 2005/02/03 04:28:17

上記よりの続きです。

質問1・Athlon XP-M及びモバイル化について

チップセットがnFORCE2でなおかつBiosにCPUコア電圧及び逓倍率をいじれる項目が見当たりません。なのでAthlon XP-M及びモバイル化したCPUを導入する意味がない。
という判断であっているでしょうか?(当サイトに掲載されている内容だと思いますが自分では自信が持てないもので・・・恐れ入りますがよろしくお願いします。)

質問2・FSB400(CPUとチップセット間のバスクロック?)のAthlonXPについて

BiosにCPUのFSB(システムクロック?)を設定するCPU FSB Clockという項目があります。そこで100MHz〜200MHzまで設定できるのですが200MHzに設定すればFSB400のAthlonXPを
正常に動かすことはできるのでしょうか?クロックやコア電圧が正しく認識されればCPUの名前が正しく認識されなくてもかまいません。

質問3・Sempronのメーカー側の正式対応が2800+までな件について

Sempronはコア電圧が1.60に下げられており現在よりもいくぶんかの省電力、低発熱が期待できるので(これもこちらのサイトで勉強させていただきました)現在第一希望に考えております。
しかしせっかくなら3000+が使いたいのですがメーカー側の正式対応が2800+までとなっており気になっております。
メーカーのサイトでは3000+が非対応という表記はないのですがこれは単に3000+の発売が遅かったため表記が遅れているだけなのでしょうか?
それともコアの違いにより3000+がうまく動かない等の問題があるのでしょうか?(これはメーカに聞くべき内容を含んでいるかと思いますがこちらには各事情に大変精通された方が多くいらっしゃるとお見受けいたしますのでどなたかご指南いただけると幸いです。)

以上大変長くなっていしまいましたが、簡単でも結構ですのでどうかご回答のほどよろしくお願いいたします。

  │└基本的に自分は動作保証は無視する人間です... N.Ishikawa 2005/02/05 01:32:19  
Re: 上記よりの続きです。 Resを書く ノートメニュー
N.Ishikawa <ntokotofrc> 2005/02/05 01:32:19

基本的に自分は動作保証は無視する人間ですので まぁご参考までに。(^^;


>質問1・Athlon XP-M及びモバイル化について

>チップセットがnFORCE2でなおかつBiosにCPUコア電圧及び逓倍率をいじれる項目が見当たりません。
>なのでAthlon XP-M及びモバイル化したCPUを導入する意味がない。

倍率固定モノ以外はCPUに下駄を噛ますことで倍率の変更は可能です。
AthlonMP&AthlonXP-Mは 倍率変更可能ですので CPUを加工するか下駄を使用すれば目的の倍率に設定可能です。
今回の場合、下駄は厚さが非常に薄いPowerLeapのものがいいでしょう。

# XP-TMCの方が確実なんですが、取り付けが大抵のCPUクーラーは取り付けが難しいです。

尚、AthlonXP-M 2600+は(確か)133×15の2GHzで TDP47Wだったので 166×12(2GHz)で使用すれば現行より低発熱でパフォーマンスがアップするかと思います。
#メモリもDDR333ですし。
でも 恐らくCPUコア電圧も 定格の1.45Vではなく1.575Vで動作するでしょうからチョッと熱くなるかも。
それでも他CPUよりは低電圧ですけどね。


>質問2・FSB400(CPUとチップセット間のバスクロック?)のAthlonXPについて

>BiosにCPUのFSB(システムクロック?)を設定するCPU FSB Clockという項目があります。
>そこで100MHz〜200MHzまで設定できるのですが200MHzに設定すればFSB400のAthlonXPを正常に動かすことはできるのでしょうか?
>クロックやコア電圧が正しく認識されればCPUの名前が正しく認識されなくてもかまいません。

nForce2はFSBとPCIは連動しないので中途半端なFSBでも (耐性内であれば、)安定した稼動が可能です。
チップセット自体は DDR333まで....ですけど、内蔵VGAを使用しない場合はFSB400(200)は可能かもしれません。
但し、キューブってことで熱の問題もあるのでチップセットの冷却次第じゃないでしょうか。

メモリのスピードと同期していたほうがパフォーマンスがいいのも事実なので FSB333をベースにクロック調整する、といった使い方が良いかと。


> 質問3・Sempronのメーカー側の正式対応が2800+までな件について

>Sempronはコア電圧が1.60に下げられており現在よりもいくぶんかの省電力、低発熱が期待できるので

AthlonXP-Mは 上に書いたとおり、うまく認識できなくとも コア電圧は1.575Vになる場合が多いようです。
こっちの方が省電力ですね。


動画編集ですが、一般的にエンコード系は P4/Clelonが強いように FSB/2次キャッシュよりとにかくクロック...のケースが多く、FSBに拘ってもそれ程恩恵がないといっても過言ではないです。
#かなり乱暴な表現ですけど。(^^;
また AGPは画質及び3Dゲームに不満を感じているのであれば効果アリですが、動画編集のためであれば効果は無いです。(^^;
nForce2の内蔵VGAは DirectX7世代ですけど Gameに使用しないのであれば AGPと同等の性能を誇っています。
画質云々は個人の好みですのでなんともいえませんけどね。(^^;


ってことで 私のお勧めは mobile AthlonXP-M2400+〜2600+&PowerLeap下駄で使用することでしょうか。
問題は Mobile系全てに言えるんですが動作保証されていないこと。
MK77-333のように 定格1.5Vの 皿が動作しない事例もあるのでこればっかりはやってみないと。
#MK77-333ですが、定格1.5Vを1.6Vに改造したら動作したっていうのが価格.comに投稿されてました。
#XP-Mは 1.575Vで認識されるのでたぶん大丈夫だと思いますけどね...たぶん。(^^;

  最終的にはあなたの覚悟次第です。 ジャンク屋店主 2005/02/03 22:30:28  (修正1回) 
Re: CPUの選択について Resを書く ノートメニュー
ジャンク屋店主 <upnxvikwmu> 2005/02/03 22:30:28 ** この記事は1回修正されてます

最終的にはあなたの覚悟次第です。

>質問1・Athlon XP-M及びモバイル化について
>チップセットがnFORCE2でなおかつBiosにCPUコア電圧及び逓倍率をいじれる項目が見当たりません。
>なのでAthlon XP-M及びモバイル化したCPUを導入する意味がない。
>という判断であっているでしょうか?

半分正しくて、半分間違ってます。
Athlon XP-Mは未だにL3ブリッジ改造による倍率変更が可能なようですので、L12ブリッジとの改造も含めて行う覚悟があれば、Athlon XP-Mの導入は可能なはずです。
※訂正:L12→L11でした(爆)

>質問2・FSB400(CPUとチップセット間のバスクロック?)のAthlonXPについて
>FSB400のAthlonXPを正常に動かすことはできるのでしょうか?

nForce2 IGPのリビジョン依存のため、自己責任となります。

>質問3・Sempronのメーカー側の正式対応が2800+までな件について

私は知らない(^^ゞ
チャレンジするもしないもあなた次第です。

>またできればグラフィックカードを導入したいと思っており

最近のグラフィックカードも高消費電力ですし、AGPカードの電源をどちら(+5V or +12V)から取っているか次第で、CPUの電力を下げて効果があるかどうかは、使用者にしかわかりません。

以上、冷たいようですが私にできる回答はここまでです。

  仮にSempron3000+が動作したとしても ita 2005/02/04 17:00:20  (修正1回) 
Re: CPUの選択について Resを書く ノートメニュー
ita <blypqmxtwk> 2005/02/04 17:00:20 ** この記事は1回修正されてます

仮にSempron 3000+が動作したとしても
palomino1900+と同程度の発熱でしょうから、またFanの騒音に悩まされることになる。おそらくSempron 2800+でも、そう状況は変わらないでしょう。

コンパクトな匡体で60WクラスのCPUでは『低騒音での冷却が難しい』ので、せめて40WクラスのCPUを使うことを考えたほうが良いと思います。
具体的には XP-M2600+などを1.4〜1.45V、1.8〜2.0Gで使えるように改造すればいいわけです。
現状のAthlonXPやSempronでは倍率が変えられないので、発熱を抑えるためにとか、高いFSBを使うために倍率を下げるという方法が使えないのが問題です。

CPUの改造しないとしても、
>50℃ぐらいで負荷をかけると70℃を超えてしまい
この変化が少し大きすぎるように思います。
さらにFSB400が仮に使えたとしても、さらにチップセットの発熱が増えます。

コンパクトな匡体では、難しいかもしれませんが、
CPUの熱がちゃんとケースの外に排出されているか?
ヒートシンクをもっと高性能なものに変えられないか?
Fanをもっと大きな物に変更できないか?
などの基本的なことを見直して、ある程度静かになってからSempron 2800+などへの交換を考えたほうが無難です。

通常のATXケースなので参考にならないかもしれませんが、私のPCでは
Athlon XP-M2500 1.9GHz(FSB400)
VCORE 1.45V で、おおむね静かに使えています。

どのくらいの温度変化があるか計ってみると
------------------------------
通常は
ケース:21℃、CPU:33℃
一時間ほど高負荷をかけると
ケース:23℃、CPU:40℃
となり、7度程度の変化、高い負荷による増分は5度程度でした。

この時の冷却関連の仕様は
ヒートシンク PAL8045
CPU Fan:1800 rpm、8cm
チップセット Fan:1400 rpm、6cm
匡体 Fan:1400 rpm、8cm
電源 Fan:温度で変化(たぶん1400以下)、8cm
OS Win2000 
------------------------------

発熱を抑える、出た熱は効率容く排出する、言葉では簡単でも実行は難しい。
でもそれをやらないと静かにならないんですよねー。

  最近キューブ型ベアボーンを導入しました。 kawa136 2005/02/06 23:19:06  (修正1回) 
Re: CPUの選択について Resを書く ノートメニュー
kawa136 <ofykpcxjqj> 2005/02/06 23:19:06 ** この記事は1回修正されてます

最近キューブ型ベアボーンを導入しました。

はじめまして。
私も当サイトはよく利用させていただいていますが、初めての書き込みです。昨年暮れに、自作数台目にして始めてのキューブ型をAthlon XP-M 2600+で組み上げたので、参考になればと思います。

筐体 : BIOSTARベアボーンiDEQ200N (電源200W)
Chip Set : nVIDIA nFORCE2 Crush IGP + MCP-T
CPU : Athlon XP-M 2600+(Barton)Vcore1.45V 47W(45Wは2500+でした)
Memory : HynixチップPC3200 CL=3 256MB×2 (DDR400では動作させていません)
AGP VGA : Sapphire Radeon9600
光学ドライブ : AOPEN DVD-ROM
HDD : Maxtor UATA133 80G 6Y080P0
TVキャプチャーカード : SKNET MonsterTV PH-GTR
OS : WinXP Pro SP1

最初の起動では、Vcore1.575V(確か)となるので、定格の1.45Vに設定しました。そしてFSB200MHz x 10へ設定変更し、現在は低格の2GHzで稼動しています(一切の改造はしていません)。
CPU温度は、室温22度で48度くらいでしょうか(CPU FANは静音コントロールをして約2300回転)。
相対比較として他のマシンの状態は、
ASUS P5GDC-V Deluxe/Pen4 LGA775 3.0G/FAN2100回転での約37度(メイル中)
ABIT NF7-S/Athlon XP 1700+(FSB145x13.5)/FAN2300回転で約50度(TVキャプチャー中)
と、こんな感じです。
ベンチでは、π3355万桁+3DMark2001SEを一時間ほど回し続けて約52〜53度でした(当環境に於いて)。
ビデオは、オンボードではなくAGPで使用しています。と、ここまではほぼ計算どおりでした。
当初は、メモリをFSBと同期させてDDR400で使用するつもりでした。システムは立ち上がったのですが、3Dベンチが通らず再起動やらフリーズやらで、やむなく非同期でDDR333設定にて使用することにしました(やはり保証外では安定性に欠けるのでしょうね)。でも、余裕が出たのかメモリタイミングをかなり詰めることができ、πでのベンチでDDR400に匹敵するほどにアップしたのがせめてもの救いでした。

いずれにしても、CPU温度は他に比べて高めになるので置き場所も含めて注意が必要だと感じましたね(なるべく下方に置いたりとか)。
ゲームをやるわけでもないので、キャプチャーくらいだと夏は乗り切れると思っていますが、Vcoreとクロック数を落としてもいいかなとも思っています。

以上、参考まで。

  │└kawa136様 ようた 2005/02/07 12:34:22  
Re: 最近キューブ型ベアボーンを導入しました。 Resを書く ノートメニュー
ようた <srvhfkguhz> 2005/02/07 12:34:22

>kawa136 様

ご報告大変ありがとうございます。

当方と同じチップセットだと思うのですがそちらはBiosのアップデートにてFSB200に正式に対応しているみたいですね。CPUは改造されていないとの事ですがBiosにてCPUの電圧と倍率が設定できたのではと想像します・・・。うらやましいです。

当方とほぼ同じ環境にてSapphire Radeon9600を導入されているのはこれから導入しようと思っている当方にとって大変心強く思いました。

>いずれにしても、CPU温度は他に比べて高めになるので置き場所も含めて注意が必要だと感じましたね(なるべく下方に置いたりとか)。

下方に置くことは思いつきませんでした。やはり部屋の中でも暑い空気は下から上に行くものですものね。部屋のエアフローもの考慮する価値はありそうですね。

kawa136 様のご報告を参考に当方も目標の環境を目指したいと思います。ありがとうございます。

  皆様、大変ご丁寧なお返事をいただきありが... ようた 2005/02/07 01:21:55  
Re: CPUの選択について Resを書く ノートメニュー
ようた <srvhfkguhz> 2005/02/07 01:21:55

皆様、大変ご丁寧なお返事をいただきありがとうございます。

>ジャンク屋店主 様
AthlonXP-Mはブリッジ改造(L3にて倍率、L11にて電圧)をすればの任意のパフォーマンスで使用することができるんですね。つまりモバイル化したCPUともともとモバイル用のCPUはぜんぜん違うんですね。XP-Mはなかばあきらめていたのですががぜん魅力的に思えてきました。

・FSB400について
IGPのリビジョンを見るという概念すら当方にはありませんでした。ちなみに当方のリビジョンはA2でした。検索すると同リビジョンでFSB400が動いたり動かなかったりとの報告がありました・・・もちろん発熱などの問題でやりませんが。nForce2 400というFSB400に正式対応した製品があるにもかかわらずなぜFSBが200まで設定できるのか疑問に思い質問させていただきました。

大変勉強になりましたありがとうございます。

>ita 様
・エアフロー問題について
現状のFanはCPU Fan×2、電源Fan×1です。CPU FanはCPUに対して上からではなく、一つのFanがCPUに対して横方向にヒートシンクに向かって吸気しもう一つのFanが対面に付きヒートシンクから排気する、といった感じです。その専用のヒートシンクがマザーボードに開いた4つの穴にネジ止めされています・・・。なので他のCPU Fanには変えられません。やれることはFanを高性能な物に変えるか電源を分岐してFanを追加するぐらいだと思うのですが筐体が筐体なのでたぶんたいして改善できないんじゃないかと思っています・・・。

AthlonXP-Mでの使用例まで示していただいて大変ありがとうございます。各種の温度やFanの回転数からかなり静かなのではないかと想像いたします。ますますAthlonXP-Mが魅力的になってきました。

以下に続きます。

  上記よりの続きです。 ようた 2005/02/07 01:23:38  (修正1回) 
Re: CPUの選択について Resを書く ノートメニュー
ようた <srvhfkguhz> 2005/02/07 01:23:38 ** この記事は1回修正されてます

上記よりの続きです。

>N.Ishikawa 様
・下駄について
当方は実はまだブリッジ改造をしたことがありません・・・。クローズだけでなくカットも必要になるようですし・・・。またせっかく数が少なくコア耐性が高くいろいろ設定ができるXP-Mをブリッジ改造してしまうのはなんかちょっともったいない気がします。その場合下駄は非常に有効ですね。ただ電圧を任意に設定するにはやはりブリッジ改造が必要なようですが。

・nForce2について
>nForce2はFSBとPCIは連動しないので中途半端なFSBでも(耐性内であれば、)安定した稼動が可能です。
>メモリのスピードと同期していたほうがパフォーマンスがいいのも事実なので FSB333をベースにクロック調整する、といった使い方が良いかと。
有益な情報をありがとうございます。大変勉強になりました。これで目標がAthonXP-M2600+ぐらいの166×12@1.45Vあたりにさだまってきました。

・グラフィックカードについて
当方はゲームはあまりしないのですがMCE2005のメディアセンターというソフトはDirectX9対応のドライバと64M以上のグラフィックメモリを備えていなければきちんと動作してくれません。現状の内臓VGAではドライバを最新のものにしBiosでFrameBufferSizeを128Mにしてようやく動いてくれました(これだけのことですが結構苦労しました・・・)。またメディアセンターにはnVIDIA GeForce6シリーズのPureVideoという技術が非常に有効であるという報告が多くあり、よせばいいのに導入したいと思っております。ただ最近のグラフィックカードはドライバー関係のコンフリクトが深刻らしくnForce系の場合はチップセットドライバごとすべて(つまりnVIDIAの名前のつくものは全て・・・)一度削除したほうがいいといった話をよく聞きくのですがその辺は現在勉強中です。あとマニュアル等ではAGP×8と表記されているのですがwcpuidにてAGP2.0 4×と表記されてしまうのも気になります・・・。激しく話がそれてしまいました・・・。失礼しました。

以上皆様に大変ご丁寧にお返事をいただき大変感謝いたします。しかし新たにどうしてもわからない問題がいくつか出てきてしまいました。そこで大変恐れ入りますが下記にて新たに追加で質問させていただきます。

質問1・AGPと電源の関係について

ジャンク屋店主 様のご発言の
>最近のグラフィックカードも高消費電力ですし、AGPカードの電源をどちら(+5V or +12V)から取っているか次第で、CPUの電力を下げて効果があるかどうかは、使用者にしかわかりません。

こちらの意味がどうしても解りません。
おそらくそれはマザーボードで設定されていることでありAGPへの給電が5Vの場合は省電力CPUにした場合は効果があるということはなんとか解ります。しかし自分のマザーボードがAGPに12Vと5Vのどちらから給電しているかはどのように調べられるのでしょうか?

質問2・AthlonXP-Mを166×12@1.575Vで使うことについて

この場合コア電圧は定格に対して0.125V上がりコアの耐性への影響があることと消費電力及び発熱が上がる要素であるという事は解ります。しかしFSBを上げるという事は倍率を下げ結果的なクロックは定格とほぼ同じでもコアの耐性や消費電力や発熱などに影響があるのでしょうか?

細かいことかとは思いますが今回に限らず今後のためにもぜひ勉強させていただきたいと思い質問させていただきました。どうかよろしくお願いいたします。

  │└質問その他の回答まとめて… ジャンク屋店主 2005/02/09 11:33:28  
Re: 上記よりの続きです。 Resを書く ノートメニュー
ジャンク屋店主 <upnxvikwmu> 2005/02/09 11:33:28

質問その他の回答まとめて…

>nForce2 400というFSB400に正式対応した製品があるにもかかわらずなぜFSBが200まで設定できるのか
そういうチャレンジャーがいて、そういう要望があるからです。
#nForce2自体がPLLを内蔵していて設定可能ってのもあるんでしょうけど

>エアフロー問題について
MEGA180の排気口って↓にある右側奥のところでしょ?
http://www.msi.com.tw/images/product_img/slm_img/mega180.jpg
排気側のファンから排気口まで紙やダンボールなどで直接排気できるようにするともう少し冷えるかもしれません。

>ただ電圧を任意に設定するにはやはりブリッジ改造が必要なようですが。
Tualatin Celeronを440BX/i815で動かすために流行った技として、
・ピンにマニキュアを塗る
・ピンを折る
・ピンに被覆をかぶせる
等の技もあります。
#ちなみに、ATA66ケーブルの被覆をかぶせたら、CPUを抜いたときにソケット側に被覆が残った経験があります(笑)

>wcpuidにてAGP2.0 4×と表記されてしまうのも気になります・・・。
内蔵ビデオはAGP 4x、外部AGPポートがAGP 8xって仕様だったかと…

>>最近のグラフィックカードも高消費電力ですし、AGPカードの電源をどちら(+5V or +12V)から取っているか次第で、CPUの電力を下げて効果があるかどうかは、使用者にしかわかりません。
>こちらの意味がどうしても解りません。

一部説明不足でした。まず、CPUの電源が5V系が12V系かという確認が必要です。
ATX12Vコネクタが繋がっているようでしたら12V系から、無ければ5V系からCPUコア電圧を生成していると見てほぼ間違いないでしょう。(一部例外はありますが…)

また、
>GeForce6シリーズのPureVideoという技術が非常に有効であるという報告が多くあり、よせばいいのに導入したいと思っております。
GeForce6シリーズ自体が電源コネクタを持っている関係上、どちらから(または両方)から電源を取っている可能性がありますので、CPUの電力減少分でまかなえるかどうかは使用したことの無い人間には保証できません。
なお、AGPコネクタには、+12V(1本),+5V(2本),+3.3V(6本)とも供給されています。(各ピン1Aまで)

>AthlonXP-Mを166×12@1.575Vで使うことについて
電力は、電圧の2乗に比例して増えますので、AthlonXP-M 2600+(47W@1.45V)を1.575Vで使うと、計算上は55Wとなり、AthlonMPの60Wを比べ5Wしか差が無いことになります。
また、FSBクロックを上げるということは、I/Oバッファ部分の消費電力が増えることになります。
#とはいえ、実際問題Barton/Thoroughbredコアって、Palominoコアよりは意外に電気食わないよ(笑)

  │ └ジャンク屋店主様 ようた 2005/03/05 15:49:58  
Re: 質問その他の回答まとめて… Resを書く ノートメニュー
ようた <srvhfkguhz> 2005/03/05 15:49:58

>ジャンク屋店主様

 当方の稚拙な質問に大変ご丁寧にお答えいただきありがとうございます。AthlonXP-Mを導入した際に報告と共にお返事をしようと思っていたためお返事が大変遅くなってしまいました、失礼いたしました。

・nForce2について
 ご指導ありがとうございます。PLLというまた新しい事案を教えていただきました。

・エアフロー問題について
 エアフローを改善するには吸気よりもまず排気を整えるのが有効なようですね。現在はこれ以上冷やす必要があまりなくなってしまったためケース開閉性等のため自作排気ダクトは付けていませんが今後の参考にさせていただきます。

・CPUピンへの加工について
 今回のL11ブリッジの改造にてカットがなかなか認識されずジャンク屋店主様から紹介された技を使おうかと思いましたがブリッジカットを途中までやってしまった都合上むきになって削って(彫って?)何とかカットできました。

・AGP関係について
 当方のマザーボードにはATX12Vのコネクタがありました。そうするとCPUを省電力のものに変えるとおそらく+12Vの電流の節電になるということですね。AGPへの給電は規格化されていて、でも最近のグラフィックカードはそれだけじゃ電力が足りないから4ピン(+5V,+12V)の外部電源コネクタをそなえていることが多いというわけですね。

・CPUの消費電力について
>電力は、電圧の2乗に比例して増えますので、AthlonXP-M 2600+(47W@1.45V)を1.575Vで使うと、計算上は55Wとなり、
 なぜAthlonXP-M 2600+を1.575Vで使うと、計算上は55Wとなるのかわかりません。電力とは直流の場合、電力(W)=電圧(V)×電流(A)ですよね。AthlonXP-M2600+の場合TDP47Wなので電流は47W÷1.45V=32.4…Aとなりますよね。1.575Vで使う場合は55Wとなるとのことですがそうすると電流は55W÷1.575V=34.9…Aとなり32.4…Aと若干違ってきてしまいます。もしかしてここがFSB166で使うことによるI/Oバッファの関係なのでしょうか?それとも根本的に計算方法が間違っているのかな?

 この度はいろいろとご指導いただきありがとうございます。またお手間をお掛けしてしまうことがあるかもしれませんが今後ともよろしくお願いいたします。
 

  │  └何故電力は、電圧の2乗に比例して増えるの... ジャンク屋店主 2005/03/05 21:04:52  
Re: ジャンク屋店主様 Resを書く ノートメニュー
ジャンク屋店主 <upnxvikwmu> 2005/03/05 21:04:52

何故電力は、電圧の2乗に比例して増えるのか?

>電力(W)=電圧(V)×電流(A)ですよね。
この部分は正しいですが、CPUは周波数に比例する抵抗と見なします。
抵抗ですから、電圧を上げれば、それに比例して電流も増えます。
これが電圧の2乗に比例する要因です。
(抵抗値は大体1.45/32.4≒0.04Ω位ですかね)
従って、1.575V時の電流は32.4Aでは無く(47/1.45)*(1.575/1.45)=35.2Aとなります。
よって、1.575*35.2≒55Wとなるわけです。
#じゃなきゃ、PowerNow!やSpeedStepがクロックと一緒に電圧を下げようなんて考えませんって(笑)

>PowerLeapPL-AXPについて
ちゃんとOpen/Close相当の設定が出来ます。
但し取り付け時にCPUをしっかり上から押さえて取り付けないと構造上、接点がピンと接触しない
場合があります。(ただし、力を入れすぎると壊れます(笑))
↓で亞瑠兎さんの指摘とめざしさんの体験談が載ってます。
bbs_url

  皆様お世話になっております。先日ようやく... ようた 2005/03/05 15:43:27  
Re: CPUの選択について Resを書く ノートメニュー
ようた <srvhfkguhz> 2005/03/05 15:43:27

 皆様お世話になっております。先日ようやくAthlonXP-M2600+と
PowerLeapの下駄PL-AXPを入手し166×12@1.45Vでの稼動に成功い
たしましたので報告いたします。結果から言うと温度の低下と処
理能力の向上とも非常に効果がありました。

・発熱とSuperπにおける処理能力について
アイドル時のCPUの温度
AthlonMP(Palomino)1900+ :40℃〜43℃
AthlonXP-M2600+ :27℃〜30℃

Superπ104万桁の計算時間と終了時のCPUの温度
AthlonMP(Palomino)1900+ :約1分20秒 70℃〜73℃
AthlonXP-M2600+ :54秒  37℃〜38℃

Superπ3355万桁の計算時間と終了時のCPUの温度
AthlonMP(Palomino)1900+ :恐くてやっていなのでデータ無し
AthlonXP-M2600+ :48分16秒  42℃

 Palomino1900+の時は72℃〜73℃ぐらいになるとCPUファンが高
速で回りだし非常にうるさかったのですが現在は今まで一度も
CPUファンが高速で回らず、逆に高速で回すほうが難しそうです。

 上記の温度測定はMEGA180に付属のソフトPCAlert4によるもので
す。しかしAthlonXP-Mの温度表記が低すぎるのでは?と思いMBM5
とSpeedFanというソフトもインストールしてみました。MBM5はマ
ザーボードが対応していないせいせいか0℃だったり30℃に張り付
いたままだったりして正しく動きませんでした。SpeedFanはいく
つか温度が表記されどれがCPUの温度なのかまだ良くわからないの
ですが、すべてアイドル時で27℃〜33℃でありPCAlert4による表
記とあまり変わりがありませんでした。もしかするとこのマザー
ボードはCPUの温度をとるセンサーがコアから遠いところにあるの
かもしれないと思いました。しかしもしそうだとするとPalomino
1900+の時の75℃と表記された時の実際の温度を想像すると恐くな
ります。

以下に続きます。

  上記よりの続きです。 ようた 2005/03/05 15:45:21  
Re: CPUの選択について Resを書く ノートメニュー
ようた <srvhfkguhz> 2005/03/05 15:45:21

上記よりの続きです。

 SpeedFanのファンのスピードをコントロールする機能はこのマ
ザーボードでは使えませんでした。 

またSpeedFanはnForce2でホルト/ストップグランツ機能を有効
にすることができるのですが、当方のマザーボードではホルトは
OFFにしかできずストップグランツのみON/OFFすることができまし
た。効果はOFFにするとアイドル時のCPU温度が33℃〜35℃ぐらい
にあがり多少ですが確かに効果がありそうです。しかしSpeedFan
をアンインストールしてもアイドル時の温度が上がるわけではな
いので当方のマザーボードではデファルトでホルトはOFF、ストッ
プグランツはONなのかもしれません。・・・ていうかホルト/スト
ップグランツ機能がもともと何のことなのか良くわからないので
すが・・・。

・L11ブリッジの改造について
 VID[4:0]をCOCOOからOCCCCへコンダクティブペンと小さなダイ
ヤモンドヤスリで加工しましました。クローズは直接クローズだ
ったこともあり簡単にできたのですがカットはなかなかカットさ
れたと認識してくれなくててこずりました。ブリッジ下の金色の
配線が完全に切れたと肉眼でも認識できるまで削らないとカット
されませんでした。最初は慎重に削っていたのですが次第にむき
になってきて削るというより彫るといかんじでやってしまいまし
た・・・危なかったです・・・。

・PowerLeapPL-AXPについて
 この製品は非常に薄く当方のマザーボードのような特殊なCPU
Fanを使っている場合も問題なく装着することができました。この
下駄はCPUのL3ブリッジを改造するのと同じ事をしているのだと思
うのですがもしかすると有効にできるのはクローズだけでカット
はたとえ設定してもCPUのL3の該当ブリッジがクローズされている
場合は導通してしまうのかな?と思いました。というのもPL-AXP
に付属のマニュアルに12×の設定がなく11.5×か12.5×の設定し
かできないと表記されていました。そこで12.5×に設定したので
すが実際には12×で起動しました。これは下駄にてL3[4:0]CCCOO
相当の設定をしてもAthlonXP-M2600+のL3[0]CのためL3[4:0]CCCOC
となり12×で起動したのかな?と思いました。いろいろな設定で
試せばはっきりするかもしれないけど・・・何度も付け直すのは
ちょと・・・。

 というわけでita様の本サイトの詳細な情報と皆様のご指導のお
かげで2Ghzでうるさくない環境を手に入れることができました。
今後も本サイトのご発展を楽しみに拝見させていただきます。今
後ともよろしくお願いいたします。



[ インデックス | home-Fab51 ]

新規発言を反映させるには、ブラウザの更新ボタンを押してください。