Note [展開表示]

CPUが昇天されるときの状況について

  CPUが昇天されるときの状況について きむ 2003/11/22 05:06:40 
  Duronをヒートシンク取り付けミスで焼いたと... ita 2003/11/25 03:46:36  (修正1回)
   └itaさん、レスありがとうございます。やはり... きむ 2003/11/25 20:01:28 
    └危険温度に達したときそれを回避する機能が... ita 2003/11/26 00:29:43 
     └なるほど、やはり、CPUも一役かんでいる... きむ 2003/11/26 09:30:18 
      └Duronなら『まあいいか』で済みますが、MP2... ita 2003/11/26 14:31:02  (修正1回)
       └途中Duronの周波数の違う1Gと1.1... きむ 2003/12/04 15:47:56 
        └新パッケージで、マスキングしてからクロー... ita 2003/12/07 21:59:33 
         └該当ブリッジと思われるパターンを針でなぞ... きむ 2003/12/09 12:17:54 
          └解答ありがとうございます。 ita 2003/12/10 00:08:59 

  CPUが昇天されるときの状況について きむ 2003/11/22 05:06:40  
CPUが昇天されるときの状況について Resを書く ノートメニュー
きむ <iydtmgpdye> 2003/11/22 05:06:40

 はじめまして、きむ、と申します。
 今回TigerMPXでDual動作させていたMP2200がCPUファンをうっかり動作させず起動放置(1〜5分程度?)したため、MP2200を破壊してしまいました(そのCPUだとVGAの認識画面も起動せず、ファンとドライブの回転音がむなしくこだまするだけ^^;)。怪奇現象?ではないのですが、そのMP2200を過加熱してしまったあと、そのシステムで一度OSが起動しその後正常終了し。次の日XP2200が入っている別PCにて片方のCPUが一時動作しOSが起動正常終了し、(片方は動作せず)。その後数時間後にもう一度起動しようとすると、すでに起動しなくなっておりました。
 最初はどこかがおかしくてCPUは無事だと思いたかったのですがその後その2つのCPUで起動が成功することはなく、CPUはお亡くなりになったと確信したのですが、事故直後(今回は加熱)は無事でもその後時間を置くとお亡くなりになるなどということがあるのか?と初めて体験しました。
 みなさんは、CPUを壊してしまったときは、どうでしたでしょうか?実際焦がしたり、割ったりしてしまった後は、すぐにあきらめて動作確認などは怖くてやらないものなんでしょうかね?(MPまた買うのは億劫だからXP買うかなぁ。。。)

  Duronをヒートシンク取り付けミスで焼いたと... ita 2003/11/25 03:46:36  (修正1回) 
Re: CPUが昇天されるときの状況について Resを書く ノートメニュー
ita <blypqmxtwk> 2003/11/25 03:46:36 ** この記事は1回修正されてます

Duronをヒートシンク取り付けミスで焼いたとき、見た目はなんでもないのですが、起動はできるものの、たまに異常動作を起こす、という状態になりました。
CPUが一度異常な温度になったことで、おそらくCPUが劣化し、通電のたびにコアの損傷が進んだのではないでしょうか。一度強いストレスを加えたCPUは、たとえ動作したとしても信頼できなくなりますねー。

   └itaさん、レスありがとうございます。やはり... きむ 2003/11/25 20:01:28  
Re: Duronをヒートシンク取り付けミスで焼いたと... Resを書く ノートメニュー
きむ <iydtmgpdye> 2003/11/25 20:01:28

itaさん、レスありがとうございます。やはりそういうことはあるのですね。
マザーの方は大丈夫か不安になってきました^^;(今はDuron入れて動いてくれていますが。)
今回、Tom’s Hardware Guideで公開されていた、PC動作中にヒートシンクを外してしまうムービーを思い出しました。PEN4はPC動作中にヒートシンクごとはずしても、フリーズすらすることなく動き続けるという、あれ、ですが、あのムービーでは雷鳥が登場していたと思います。以前Athlon XPが発表されたとき、危険温度に達したときそれを回避する機能が…のような噂を耳にしていましたが、それは違うと、身をもって実証してしまいました。AMDサポートの方には、マザーが対応していれば、その機能が使えると聞きました。(マザーの温度センサーでコア電圧などを下げるなら、CPUは何もしていない様な…)
2度もわかりにくい文章済みません。CPUを壊した勢いって怖いですね(笑

    └危険温度に達したときそれを回避する機能が... ita 2003/11/26 00:29:43  
Re: itaさん、レスありがとうございます。やはり... Resを書く ノートメニュー
ita <blypqmxtwk> 2003/11/26 00:29:43

>危険温度に達したときそれを回避する機能が…
そういえば、そんな機能がありましたね、忘れてました。
これは、CPUコアに内蔵された温度センサを使って、マザーボード側で異常を検出しシャットダウンするとかだったと思います。

サラブレッド対応として設計されたマザーボードは、この機能を持っているはずですから、CPUファンの停止程度なら、コアの破損を回避してくれてもいいはずです。マザーボード・ベンダーによっては対応に差があるのかもしれませんね。ただし危険すぎて試すわけにもいかないので、実際のところは良くわかりません。

     └なるほど、やはり、CPUも一役かんでいる... きむ 2003/11/26 09:30:18  
Re: 危険温度に達したときそれを回避する機能が... Resを書く ノートメニュー
きむ <iydtmgpdye> 2003/11/26 09:30:18

なるほど、やはり、CPUも一役かんでいるんですね。
ただ、マザーボードの方が対応していないとだめなわけですか…少なくとも、我が家のTigerMPXにはその機能はなかったのかな^^;
本筋外れた話題で板汚してしまって申し訳ないです^^;;

      └Duronなら『まあいいか』で済みますが、MP2... ita 2003/11/26 14:31:02  (修正1回) 
Re: なるほど、やはり、CPUも一役かんでいる... Resを書く ノートメニュー
ita <blypqmxtwk> 2003/11/26 14:31:02 ** この記事は1回修正されてます

Duronなら『まあいいか』で済みますが、MP2200を2個もつぶしたのですから、ショックは大きいですよねー。ほんとうに破損したのかどうか、念のため、しばらくしてからもう一度試してみてもいいかもしれませんね。

       └途中Duronの周波数の違う1Gと1.1... きむ 2003/12/04 15:47:56  
Re: Duronなら『まあいいか』で済みますが、MP2... Resを書く ノートメニュー
きむ <iydtmgpdye> 2003/12/04 15:47:56

途中Duronの周波数の違う1Gと1.1GでDualにしたりして遊んでいましたが。
(動作がこの上なく不安定でした。CPUクロックは同じにされFSBが2台異なる状態で動作していました。我が家のDuronだと、TigerMPXではジャンパーピンで設定したFSBで動作せず、幾分高くなってしまっていました。DuronMPと認識されていました。)
その後XP2200(681の配線が透けて見える緑色のものです。)のL5ブリッジにマスキングした上でポタりとコンダクティブペンをたらし、何度か失敗しましたが、MPとして動作するようになりました。
この掲示板(itaさんには特に)お世話になりました。ありがとうございました。(壊れたMPどうしよう、ほしい人なんている?のかな(笑)

        └新パッケージで、マスキングしてからクロー... ita 2003/12/07 21:59:33  
Re: 途中Duronの周波数の違う1Gと1.1... Resを書く ノートメニュー
ita <blypqmxtwk> 2003/12/07 21:59:33

新パッケージで、マスキングしてからクローズとのことですが
よくクローズできましたねー、表面を少々削ったとか、特別な加工をされましたのでしょうか?、もう少し詳しく教えていただけますか。

         └該当ブリッジと思われるパターンを針でなぞ... きむ 2003/12/09 12:17:54  
Re: 新パッケージで、マスキングしてからクロー... Resを書く ノートメニュー
きむ <iydtmgpdye> 2003/12/09 12:17:54

該当ブリッジと思われるパターンを針でなぞりました。
最初は溝のみを針でつついて、コンダクティブペンも溝を埋めるだけ(本当に溝を蓋するのみでした)塗ったのですが、うまく行きませんでした。
その後失敗したCPUの、該当ブリッジと思われるパターンの色が変わるまで針でなぞり(綺麗な銅?の色になりました)隣の溝ぎりぎりの横幅で、ブリッジパターンをすべてかかるような縦幅だけ空けてマスキングしました。マスキングした上で、直接コンダクティブペンで該当部分を塗り(といっても一滴出しただけですが)、乾かないうちにセロハンテープで上からラッピングして、多少溝をその上から針でなぞり、現在に至ります。
テスターで、何度かラッピングしない状態で短絡を確認しようとしたのですが、テスターの端子の先が太く確認できませんでした。(こんな感じでわかるでしょうか^^;)

          └解答ありがとうございます。 ita 2003/12/10 00:08:59  
Re: 該当ブリッジと思われるパターンを針でなぞ... Resを書く ノートメニュー
ita <blypqmxtwk> 2003/12/10 00:08:59

解答ありがとうございます。
『該当ブリッジと思われるパターンの色が変わるまで針でなぞり、コンダクティブペンでクローズ』ですね、良くわかりました。

私は「マスキング」というのを、溝の中をボンド等で埋める作業(絶縁)のことを示すのかと思ったもので質問しましたが、他のブリッジに影響を及ぼさないためのことだったんですね、私の勘違いでした。



[ インデックス | Home-Fab51 ]

新規発言を反映させるには、ブラウザの更新ボタンを押してください。